検索
  • Dai Takeda

MEO対策って何?




知らないと損!今からMEO対策を行いましょう!

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略称でマップエンジン最適化を指し、ユーザーがGoogleマップ上で目的地を探しやすくなるようにするための対策を指します。

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で現地情報をリアルタイムで把握できる現代社会では、Googleマップなどの地図サービスの存在が欠かせません。ある特定の場所へ訪問する際、「どの道を通過すれば、最短で行けるのだろう?」「東京都で有名なホームセンターは、どこにあるのだろう…」と、疑問に思った経験があると思います。

その際、インターネットでキーワード検索すると、検索対象となる実店舗の情報が検索結果に表示されます。これは、Googleマップに対して、企業情報を事前に登録することで実現できます。


MEO対策のメリット

MEO対策は、地域型ビジネスを展開する上で、必須のものといわれています。

多くの飲食店やサロン経営しているの方が「食べログ」「ホットペッパー」等に自店舗を公開していると思いますが、これからはグーグルマップ上にも情報を公開しておかないと大きな機会損失に繋がります。今や、今いる場所からグーグルマップ上で近くのスポットを検索するということが常識になっている中、そのユーザーを獲得するための導線を持っていない店舗は競合にさをつけられてしまうでしょう。


また、他社の広告媒体のように高額な広告料金もかかりません。設定や効果測定は専門的な知識が必要なため費用はかかりますが、情報を公開するのみであれば基本無料で行うことができます。


上記にも、まだまだメリットはありますが、もしご興味を持たれた店舗オーナー様がいらっしゃいましたら、オメガパートナーズまでお問い合わせくださいませ。





150回の閲覧0件のコメント